SAILOR MOKU 10.25oz PARAKA CHECK WORK JACKET SS14360A

ハワイに渡った日系移民の多くは農園での労働に従事し、その生活の中で彼らが必要としたのが丈夫なワークウェアであった。当初は町のテーラーで作業用のパラカ(チェック柄のワークウェア)を仕立てていたが、やがて移民労働者の数が増加すると、多くの需要に応えるべくメーカーが誕生する。それが1922年創業のハワイ・クロージングマニファクチャリング社。ハワイ最初の衣料品メーカーであった。同社は1932年に社名を"セーラ ・モク・プロダクツ"へと変更し、主に労働者向けのパラカジャケットやオーバーオールなどの製造を行っていた。
このワークウェアは1930年代に同社が手掛けた非常に希少なパラカを再現。10.25オンスの耐久性ある生地感と赤く染められた緯糸が特徴で、ヨーロッパやアメリカからハワイへ入ったパラカ生地にこのようなものは見られず、日本で織られた生地を使用していたと推測される。

春夏新作 セーラーモク MOKU SAILOR 10.25oz SS14360-265A JACKET WORK CHECK PARAKA-コート・ジャケット

春夏新作 セーラーモク MOKU SAILOR 10.25oz SS14360-265A JACKET WORK CHECK PARAKA-コート・ジャケット

MERCROS(メルクロス)グラスラグФ150cm ラグマット カーペット ふわふわ ふかふか おしゃれ シンプル ナチュラル 芝生 インテリア 新築祝い 引っ越し祝い

「日本人のカップルの6組に1組が不妊」とされる今の時代、妊活ビジネスはバブルと言ってもいい状況が続いています。ところが、妊活市場でまことしやかに口にされる話には、医学的根拠に乏しい内容も実は多いのです。今回から始まる連載では、日本で唯一の出産ジャーナリストである河合蘭(かわい・らん)さんが長年にわたる膨大な取材をもとに、不妊治療にまつわる「ウソ」と「ホント」を解き明かしていきます。

特集一覧へ